NFocus

 

 

研修「患者の語りから看護を創造する」のねらいと評価

 

佐藤 幹代●さとう みきよ

自治医科大学看護学部成人看護学 准教授

森田 夏実もりた なつみ

桜楓カウンセリング研修会 代表/看護師

射場 典子いば のりこ

聖路加国際大学大学院看護学研究科 准教授

戸沢 智也とざわ ともや

獨協医科大学看護学部成人看護学(慢性期) 講師

 

筆者らは、認定NPO法人健康と病いの語りディペックス・ジャパン(後述)の理事または運営委員であり、研修「患者の語りから看護を創造する」を企画、実施してきました。本稿では本研修企画の経緯と、目的やねらい、受講者や研修担当者からの感想や評価を紹介した上で、今後の展望を示します。

続きを読む…

経営と看護(3)

 

●監修 福井 トシ子

国際医療福祉大学大学院副大学院長/教授

●企画協力

鳥海 和輝

『Gem Med』編集主幹

小野田 舞

一般社団法人看護系学会等社会保険連合 事務局長

 

診療報酬等に関連する用語の理解や管理指標の持つ意味、病院機能ごとの経営の考え方について解説するとともに、事例を通じて、看護管理者が病院経営に貢献するためのヒントを探ります。

*vol.1〜7(予定)は【解説編】、以降は【事例編】となります。

 

vol.3  解説編

経営層との共通認識をはかるための
経営指標の理解②

 

小野田 舞

おのだ・まい◉島根大学医学部看護学科・助教、東京医科大学医学部看護学科・講師を経て、2018年より現職。看護学博士。国際医療福祉大学大学院管理実践看護学(DNP)・非常勤講師。

 

 

本連載の第2回では、病院経営について看護管理者が押さえておくべきこととして、財務諸表に関する用語を中心に解説しました。第3回は、貸借対照表や損益計算書などを使って財務状況を分析する際に用いられる用語について解説します。

 

まず、病院経営が一般企業の経営と異なる点を理解しておきましょう。これにより、経営に関する指標の読み違いや、誤った認識を防ぐことができます。

続きを読む…

【Book Selection】新刊書籍のご紹介

続きを読む…

映画と、生きるということ(5)


(No.5)

完成度の高いリメイク版、心を揺さぶる旧作

『ウエスト・サイド物語』
『ウエスト・サイド・ストーリー』

 

岩田 健太郎

 


岩田 健太郎 神戸大学大学院医学研究科 教授/神戸大学医学部附属病院感染症内科 診療科長感染症内科医。『ワクチンを学び直す』『抗HIV/エイズ薬の考え方、使い方、そして飲み方ver.3』など著書多数。趣味は、映画や落語の鑑賞、スポーツ観戦など。

 


 

ウエスト・サイド・ストーリーの元ネタは?

 

今回、紹介する映画は2 本、と言っても原題はどちらも「West Side Story」。日本では1961 年の映画「ウエスト・サイド物語」(以下:旧作)と、2021 年の映画「ウエスト・サイド・ストーリー」(以下:リメイク版)として知られている。旧作の監督は、ロバート・ワイズとジェローム・ロビンス。リメイク版の監督は、スティーブン・スピルバーグ。

 

もっとも、この物語には、さらにオリジナルがある。それは、1957 年初演のブロードウェー・ミュージカルで、こちらの原案も、ジェローム・ロビンスである。というか、そもそもこの話にもオリジナルがあって、言わずとしれたウィリアム・シェークスピアの「ロミオとジュリエット」だ。この16 世紀の戯曲も、西欧の民間伝承やギリシャの神話などから着想を得ているらしい。オリジナル探求もきりがないので、このへんでやめにしておく。

 

続きを読む…

看護職に選ばれる病院・施設

各都道府県ナースセンターが病院や施設向けに実施している定着・促進事業の中で得られた「看護職に選ばれる病院・施設」になるためのポイントや、具体例を紹介します!

 

 

vol.14 青森県ナースセンターからの提案!

 

青森県の「看護職に選ばれる病院・施設」

の取り組み

 

須藤 裕子

青森県看護協会 青森県ナースセンター
ナースセンター長

 

田沢 政子

同センター相談員チームリーダー

 

豊木 利志子

同センター相談員

 

白坂 町子

同センター相談員

 

本稿では、青森県ナースセンターにおける求人求職者の年次変化から見えてきた求人票作成のポイントや、3つの病院の実際の取り組みを紹介します。

 

 

青森県の現状

 

2023年の青森県の高齢化率は34.3%(全国5位)と高く、2040年には46.8%に上昇する見込みです。高齢化が加速し看護需要が拡大する中、2022年の人口10万対就業看護師数は1118.2人(全国27位)で、さらに2040年には県内全体で看護職が5000人不足し(青森県看護協会の青森県看護職員推計就業者数より)、医療・介護・福祉に従事する看護職の確保がますます厳しくなると予測しています。

 

青森県ナースセンター(以下:当センター)でも、青森県やハローワークと連携しながら看護職の人材確保・定着に取り組んでいます。

 

 

→続きは本誌で(看護2024年5月号)