【Book Selection】今月のテーマ シリーズ【看護の知】

 

 

 

 

 

https://jnapcdc.com/sp/kangonoti/

☝︎シリーズ特設サイト

 

 

 

 

 

シリーズ【看護の知】

亡くなった子どもと
「共に在る」家族

 

著:蛭田明子

●A5判/176ページ

●定価2640円

(本体2400円+税10%)

 

 

子どもを亡くした

女性の語りを通して、
医療者に求められる有用な支援は何かを考えます。

 

 

 

 

 

 

 

★詳しい内容のご紹介はこちら

 

★ご購入はこちらから

 

 

シリーズ【看護の知】

いかにして患者の

「気持ちいい」は生まれるのか

著:島田多佳子

●A5判/232ページ

●定価3080円

(本体2800円+税10%)

 

 

「気持ちいい」体験を現象学的視点から掘り下げ、

患者へのケアのあり方を

再考します。

 

 

 

 

 

 

 

★詳しい内容のご紹介はこちら

 

★ご購入はこちらから

 

 

シリーズ【看護の知】

しびれている身体で 生きる

著:坂井志織

●A5判/264ページ

●定価3300円

(本体3000円+税10%)

 

 

現象学的アプローチを通し、他者からの
理解を得にくい「しびれ」に伴う苦悩の
ありように迫ります。

 

 

 

 

 

 

★詳しい内容のご紹介はこちら

 

★ご購入はこちらから

 

 

シリーズ【看護の知】

「いつもと違う」と感じ、

思わず行う行為は 実践の知なのか

 

著:大谷則子

●A5判/168ページ

●定価2640円

(本体2400円+税10%)

 

 

日々の臨床の場は、

たくさんの小さな
看護の知であふれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

★ご購入はこちらから

 

 

シリーズ【看護の知】

「わざ」を伝える

 

著:川名るり

●A5判/128ページ

●定価2200円

(本体2000円+税10%)

 

 

実践の中で培われた

看護の「わざ」は
どのように伝えられていくのでしょうか。エスノグラフィーによる探究が始まります。

 

 

 

 

 

 

★詳しい内容のご紹介はこちら

 

★ご購入はこちらから

 

 

 

シリーズ【看護の知】

「負けるが勝ち」の 看護と人生

 

著:宮子あずさ

●A5判/144ページ

●定価2420円

(本体2200円+税10%)

 

 

 

1人の看護師の生きた時代、人生、
そして看護との相互作用を探りました。

 

 

 

 

 

 

★ご購入はこちらから

 

 

シリーズ【看護の知】

「医療事故」に関わった

スタッフを支える

 

著:福田紀子

●A5判/176ページ

●定価2750円

(本体2500円+税10%)

 

医療事故に関わったスタッフに対応した
看護師長へのインタビューから支援の
詳細を明らかにしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

★ご購入はこちらから

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください