だから面白い訪問看護管理

西宮市訪問看護センター(兵庫県西宮市)は3カ所のサテライト事業を展開するステーション。山﨑和代さんに、管理者としての日々の思い・考えを語っていただきます。

 

 

⓲コロナ禍における

職員間のコミュニケーション

 

山﨑 和代

社会福祉法人西宮市社会福祉事業団

訪問看護課 課長/訪問看護センター 管理者

認定看護管理者

 

 

当センターでは、コロナ禍を機に非対面であっても職員間でコミュニケーションをとれるように有料の「チャットアプリ」を導入しました。電子カルテの導入のときと比べると、スタッフはこのツールに順応するのが早かったように感じました。その理由は何だったのでしょうか。

 

 

「チャットアプリ」の導入理由

 

コロナ第1波では、マスコミ等が過剰に騒ぎ立てたことで情報が錯綜し、医療者である私たちまでも不安をあおられました。当時、利用者の身近な人に陽性者が出ると、私たちにもコロナが迫り来る脅威を感じました。さらに幼稚園・小学校の休園・休校、学童保育の利用自粛が要請されると、スタッフの子どもたちがストレスフルな状態となりました。そのため、子どもを置いて出勤できないスタッフが出始め、中には「大変な時期に迷惑をかけて申し訳ない」と泣き崩れるスタッフもいました。

 

→続きは本誌で(コミュニティケア2022年7月号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください