生理をタブー視している人にこそ読んでほしい─『#生理の貧困』

今年にわかに浮上した「生理の貧困」問題。その意外性のためか、あっという間に世間に広まり、それに押されるような形で多くの自治体が生理用品の無償配布を開始しました。

 

弊社では11月にNursing Todayブックレット・14『#生理の貧困』を刊行。

問題提起の発端になったZ世代の任意団体「#みんなの生理」をはじめ、この問題に深くかかわってきた6名の方にご執筆いただきました。

 

刊行後、「この本を読んで生理の貧困問題の概要がわかった」「生理の貧困問題について誤解していた」「自分に関係ないと思っていたが、そうではなく、社会問題だということを実感した」など多くの声が届いています。

 

その中で、生理の貧困に陥りやすい当事者世代の学生さんから、以下のような感想を送っていただきました。

 


私は生理をタブー視する側だったと思います。周囲の人が生理の話を普段の会話のようにしていたり、ナプキンを忘れてきた子がナプキン持ってる?と聞いてくることがあって、よくもまあそんなことが堂々と言えたものだと思っていました。共学校なのであまり男子には聞かれたくないという思いもあったのだと思います。

 

この本を読んで、確かに生理に関する知識不足は深刻だと思いました。生理中で授業中に眠くなった子が男性の先生から寝るなと怒られた話は何度も見てきたし、聞いてもきました。女性ならほとんどの人が生理を経験し、もはや人間ならば当然の生理現象なのに、理解されていないことは辛いことです。

 

ピルに関しても、生理痛に効くという話はこの本で知りました。学校の保健体育では避妊用としか教わりません。例えば学校で生理痛のためにピルを飲んでいる子がいると、周りは避妊していると勘違いする恐れもあります。

 

生理に関する広い認知は義務教育の間で行われるべきだと強く思いました。全ての女性が安心して生理を経験できるように願っています。


 

いまも昭和時代とあまり変わらないような状況であることに衝撃を受けましたが、平成も終わり令和の時代になってようやく、「こんな状況はおかしい」と声をあげる人が次々と登場し、それが大きな後押しとなって社会を動かした──これはすごいことだと思います。

 

このムーブメントを今だけの一過性のもので終わらせないことが、今後の大きな課題といえるでしょう。

 

 

「生理の貧困」に関するアンケート調査を実施中★

2022年1月10日(月・祝)締切

→ 締め切りました。

たくさんのご回答ありがとうございました。

 

 

#生理の貧困

──#PeriodPoverty

 

★詳しい内容のご紹介はこちら

★ご購入はこちらから

 

#みんなの生理(福井みのり)・ヒオカ・吉沢豊予子・田中東子・田中ひかる・河野真太郎 著

●A5判 64ページ

●定価990円(本体900円+税10%)

ISBN 978-4-8180-2364-2

 

「化粧品は買えるのに、ナプキンは買えないのか」…(?!)

 

コロナ禍で生活困窮者が増加するなか、経済的理由で生理用品を購入できないことを訴えるハッシュタグ付きツイート「#生理の貧困」が話題となりました。
この「生理の貧困」問題は、SNSでの発信後すぐに人々の間に広がり、やがて行政・企業等を巻き込んで社会を動かしました。一方で、「たった数百円のナプキンが買えないなんておかしい」「女性優遇だ」などのバッシングが、男性だけでなく女性からも起こっています。「生理の貧困」を経済的な問題と捉える人は多いですが、それだけなのでしょうか?
本書では、経済・社会学・医学・教育・ジェンダー・メディアなど様々な側面からこの問題を考察しました。。

 

 

内容 

「生理の貧困」アンケート調査結果にみる現状とこれから(#みんなの生理 福井みのり)

「生理の貧困」問題の可視化から見えてきたもの(ヒオカ)

月経情報から知る女性の健康(吉沢豊予子)

「#生理の貧困」とSNS──日本で起きているバッシングを考える(田中東子)
タブー視されてきた「生理」が語られる時代に(田中ひかる)
生理の貧困を「僕たち」の問題にできるか(河野真太郎)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください