宮子あずさの気まぐれコラム⓭

精神科病院の訪問看護室で働きながら、文筆活動を行う宮子あずささん。最近気になること、疑問に思うことなどを書きつづります

 

⓭友人を見送って思うこと

 

病気抜きの付き合い

何かと身辺が慌ただしかった9月、友人が60年の生涯を終えました。卵巣がんでした。時を経て、喪失感が増しています。

 

私たちは2018年5月にFacebookで知り合いました。以来一度も会わずじまいでしたが、日々オンラインでやり取りをし、かけがえのない友人だったのです。

 

 

知り合ったとき、彼女はすでに卵巣がんを患っていました。2016年の年末に大量の腹水貯留のため入院。年明けに手術をし、化学療法を受けていったん回復したものの、2020年2月、再発してしまいました。

 

思えば一番体調がいい時期に、私たちの付き合いは始まりました。あの年月がもっと長く続いてほしかった。

 

→続きは本誌で(コミュニティケア2022年1月号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください