PEOPLE 感染症医からの提言  新しい訪問看護の形を

感染症医として、メディア・著書などをとおしてCOVID-19の感染対策の状況分析・提言を行うとともに、COVID-19患者の治療に当たる岩田健太郎さんに、日本の対策・今後の見通しや、今、訪問看護師が考えるべきことについて伺います。

 

 

 

 

岩田 健太郎さん いわた けんたろう

神戸大学大学院医学研究科・微生物感染症学講座感染治療学分野 教授

神戸大学医学部附属病院感染症内科 診療科長/教授

 

 

1997年島根医科大学(現・島根大学医学部)卒業。沖縄県立中部病院、米国ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンターに勤務。2003年に中国に渡り、SARS流行時の北京でクリニック医師を務め、アフリカではエボラ出血熱の臨床を経験する。帰国後は、亀田総合病院で感染症科部長、同総合診療・感染症科部長を歴任。2008年より現職。日本感染症学会感染症専門医・指導医、米国感染症専門医など。著書多数。近著に「新型コロナウイルスの真実」(KKベストセラーズ)、「感染症は実在しない」(集英社インターナショナル)など。

 

 

日本の感染拡大防止策

 

—3〜5月に日本が行ったCOVID-19の感染拡大防止策について、どのように評価されますか?

 

日本では 、3月初めまでは、全国的に発生していた小規模なクラスターを追跡して患者の診断と治療に当たるとともに、濃厚接触者を検査するといった対策を行っていました。これは、いわば起きている現象を後ろから追いかけて捉えるという方法です。

 

しかし、3月下旬くらいからは、特に東京などで感染者が増えて、これまでの方法では追いつかなくなりました。そこで、4月7日に緊急事態宣言を発令してコミュニティに自粛を促しました。つまり、感染拡大に先回りして予防するという対策へと変換されたわけです。

 

続きを読む…


地域ケアの今(59)

福祉現場をよく知る鳥海房枝さんと、在宅現場をよく知る上野まりさんのお二人が毎月交代で日々の思いを語り、地域での看護のあり方を考えます。

 

根拠に基づいた感染予防策を

 

文:鳥海房枝

 

この原稿を書いている6月中旬、豪雨による冠水被害などが報じられるようになりました。これらの水害被害を最小限にするために、専門家が避難場所や備蓄品の確認・準備をするよう呼びかけています。今や豪雨・水害に対して、異常気象や想定外の事態と言う人が減り、その代わり新型コロナウイルスの感染を防ぐべく、災害時において「3密(密閉・密集・密接)」を避ける避難所の工夫を紹介する人が増えています。

 

避難所については、これまでプライバシーの確保を中心に議論されてきました。現在はこれに加え、飛沫感染を防ぐために、テントや段ボールベッド、段ボールの間仕切りなどの活用が提案されています。これには一定の効果が見込めるものの、避難所に収容できる人数が大幅に減少するため、新たな避難のあり方、避難所になり得る場所を考える必要があります。例えば、集合住宅の1〜2階に住む人は、一時的な避難場所として上階への垂直避難ができるよう、あらかじめ住民同士のつながりをつくっておくなどです。つまり、行政が設定する避難所だけでは到底足りなくなるため、非常持ち出し物品から避難先まで近隣住民同士で準備しておくべきというのが専門家の指摘です。これは文字どおりの自助・互助の体制づくりと受け止め、集合住宅に居住している私自身も、近隣の人たちとの関係づくりを意識するようになりました。

続きを読む…


【Book Selection】今月のテーマ: がん看護に携わるあなたへオススメの本

当社おすすめ書籍を、新刊・既刊・古典織り交ぜてご紹介!!

がん看護に携わる皆さんに是非読んでいただきたい、当社がん看護関連書籍のほんの一部をご紹介します。

 

続きを読む…


SPECIAL BOOK GUIDE
「聞こえにくい」をほっとかない
Check your hearing!
Nursing Todayブックレット・04刊行!

2025年の高齢化率は30%に達すると予測されていますが、それは加齢性難聴の高齢者数の増加も意味します。「聞こえのしくみ」から、「加齢性難聴の予防」「補聴器を用いた聴覚トレーニング」「聞こえにくさを抱える方とコミュニケーションをとる際の工夫」までを解説する本書を、在宅看護・老年看護の教育・研究に携わる梨木恵実子さんにお読みいただきました。

 

書評『「聞こえにくい」をほっとかない』

 

群馬大学大学院保健学研究科看護学講座助教

老人看護専門看護師

梨木恵実子

 

私たち看護師は、どのように看護計画を立案し、ケアを行っているでしょうか。症状を聞く、薬について説明する、トイレ誘導時に声をかける……ごく自然にコミュニケーションをとりながら、情報収集やケアを実施しています。しかしそれは、相手に「聞こえの力」があることが前提です。聞こえに問題がある場合、説明やケアの場面で苦慮した経験のある看護師も少なくないと思います。

 

本書を読んで強く感じたのは、“私は相手の「聞こえの力」を維持する・高める関わりをしてきただろうか!? ”ということでした。

 

筆者は、訪問看護師としても活動を続けており、難聴の高齢者に出会うことも多く、声量やスピードなどを意識して話しています。しかし、その高齢者は、看護師がいない時間はどのように過ごしているのでしょう。外まで聞こえる大きな音でテレビを観ていたり、「電話の声は聞き取れない」と電話に出ることをあきらめていたり、「耳が聞こえにくいからと詳しく説明してもらえない」と怒りや悔しさを感じていたりするかもしれません。

 

看護師の役割は、日本看護協会が表明する看護の将来ビジョンのとおり、「いのち・暮らし・尊厳をまもり支えること」です。聞こえにくさを抱える人の生活全体を想像すれば、その時々の会話の工夫以外の支援も重要なことがわかります。

 

では、看護師に何ができるのでしょうか。まずは難聴について正しく理解することだと思います。本書では、難聴の要因や治療、補聴器を使ったトレーニング方法、認知症との関連などが、わかりやすく紹介されています。「聞こえにくさ」を加齢のせいだけにしない、可逆性への光を感じました。最も衝撃的だったのは、「難聴状態が続いた脳には、静けさの世界から音のある世界に慣れるまでの時間が必要」という事実です。補聴器が価値あるものになるかどうかは、支援者の関わり方次第です。その支援プロセスも知ることができます。看護師には、ケアを通して本人の聞こえにくさに気づける強みがあります。その変化を捉え、地域にいる医師などの難聴の専門家に繋ぐ・繋ぎ続ける方法も、本書は教えてくれます。

 

今後、聞こえにくさを抱える人への看護は確実に増えていきます。聞こえにくさはQOLに影響し、認知症の発症リスクでもあるため、“ほっとかないで”早期から介入することが重要です。本書をひもとき、看護師として「明日からできる!」ことを増やしていきましょう。

 

続きを読む…


SPECIAL BOOK GUIDE 世界のエビデンスと日本の臨床看護師の知を融合 『JBI:推奨すべき看護実践』が刊行 国際的な情報共有がもたらす看護ケア実践の質向上

エビデンスにもとづく看護(evidence-based nursing:EBN)の国際拠点であるJoannna Briggs Institute(JBI)が集積する世界標準のベストプラクティス集、『JBI:推奨すべき看護実践〜海外エビデンスを臨床で活用する』の刊行を記念して、JBIより日本看護協会の会員の方々に向けてメッセージをいただきました。

 

Craig Lockwood Director, Associate Professor Implementation Science, Joanna Briggs Institute, University of Adelaide

続きを読む…