『ナース発 東日本大震災レポート』掲載写真と撮影者のご紹介

表紙写真

本書に掲載されている被災地の写真は、当サイトでの公募に応募された小齋誠進(こさいせいしん)さんの作品です(一部、編集部による取材写真も含まれています)。

 

小齋さんは関東出身で、2005年に名取市閑上(ゆりあげ)地区出身の奥様と結婚されました。神奈川県で単身赴任さている小齋さんは、月に2回ほどご自宅のある閑上でご家族と過ごす生活をされていたそうです。

 

2011年3月11日は、ちょうど閑上へ帰る日でした。名取駅からバスで自宅に向かう途中、小齋さんは地震に遭遇されました。

 

帰省途中のバスの中で地震に遭遇(撮影:小齋誠進)

あれほどの揺れにもかかわらず、ご自宅はびくともしていなかったそうで、ひとまず安心して様子を確認するため自転車で街をまわっていたところ、小齋さんは沖合いに「ありえないほどの大波」を目撃しました。

 

迫り来る津波(撮影:小齋誠進)

川を遡る津波。とてつもない水量と破壊力だ。(撮影:小齋誠進)

 

川がものすごい勢いで逆流し、土煙が迫り、家がバキバキッと壊れる音を背にしながら必死で逃げ、小学校の3階までようやく駆け上がるやいなや、校庭に車や家やあらゆるものと一緒に水が「ドーッ」と入ってきたそうです。

 

まさに危機一髪のところでした。

 

非難した小学校の1階部分は、またたく間に津波にのみこまれた。(撮影:小齋誠進)

翌日、ご自宅に戻ると家は津波で流され、基礎の部分しか残っていなかったそうです。幸いにもご家族は全員無事でした(本当によかったです…)。

 

小齋さんは津波前後の街や、避難所となった小学校で過ごした夜、その後の閑上の様子などを撮影したたくさんの写真を編集部に送ってくださいました。

 

津波の来襲とともに火災が発生。(撮影:小齋誠進)

夜通し燃え続けた火災(撮影:小齋誠進)

夜明けを迎えた被災地(撮影:小齋誠進)

何もかもが破壊しつくされてしまった...(撮影:小齋誠進)

火災の煙が街を覆う。(撮影:小齋誠進)

発災時にバスで通過した街は津波で壊滅状態に。(撮影:小齋誠進)

(撮影:小齋誠進)

(撮影:小齋誠進)

 

本書では、ほんの数枚しか掲載できませんでしたが、小齋さんはそれらを写真集『その時、閑上は』として、ご自身でまとめられておられます。詳しくは小齋さんのブログ「イーゴンの徒然」をぜひご覧ください。

 

「がれきの中に立つ桜の木」(撮影:小齋誠進) クリックして拡大

 


◯ 本書の目次(PDF)

「立ち読み」とご購入

◯ 内容紹介(記事抜粋)

その1 「看護職でよかった」編

その2 「原発事故による苦悩」編

その3(準備中)


 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*