〈新刊情報〉「爪のケア」事件とは何だったのか。★書籍内容の一部を公開中!

2007年6月、北九州市の某病院で看護師が高齢の入院患者の爪をはがす虐待があったと報道され、その1ヵ月後、虐待をしたとされる看護師が起訴されました。

 

一審では有罪、控訴審で無罪となり結審しましたが、3年にわたるこの事件の経過は医療の現場に多くの教訓を残しました。

 

当事者の看護職者や患者そしてその関係者はもちろん、日本の看護職者、日本の医療にとって、この出来事はどのような意味を持ち、どのように受け止めるべきなのかを、きちんと検証していく必要があります。

 

そこで小社では、事件の経過に関する論文や、解決に向けて日本看護協会や福岡県看護協会が行った支援や情報発信、経過とともに変化していった報道などを再構成し、事件の全貌をまとめた『「爪のケア」に関する刑事事件ー経緯と支援の実際ー』(日本看護協会編)を刊行しました。

 

各方面から刊行を求める声が寄せられていた本書を、臨床で働く看護職の方々はもちろん、看護教育の現場で「看護行為とは何か」について考えていただくきっかけにしていただければと思います。

 

 


One Response to 〈新刊情報〉「爪のケア」事件とは何だったのか。★書籍内容の一部を公開中!

  1. ペディ・ナース 大崎 より:

    そもそも、看護・介護の職員が フットケアの存在・意味すら知らない人が多すぎます。
    そのような教育を受けていないことに、問題があります。
    看護学校で、爪の切り方のカリキュラムはありませんでした。
    私は、看護師をしながら、フットケアサロンを経営していますが、看護や介護職員に聞いても、フットケアを知らない人の方が多いことに気づかされます。
    看護師は、爪を切ることまで、手が回らないし、爪白癬で肥厚してしまった爪を、うまく切る技術を持っている人も、ほとんどいなくて
    放置されている
    気にはなるけど、怖いからできない
    介護施設でも、転倒の原因になることさえも、よくわかっていません
    フットケアに興味のある人は、自分で高い講習費を支払って、受講するけれど
    現場では、医師や施設の理解が望めないことも、ネックになっています。
    フットケアサロンでは、違法に爪白癬のカットや研磨などを行っているところもありますが
    お金を払ってまでも、爪を切ってもらいたいという、利用者も少なく
    放置となっているのが現状です

    この事件で、ほんの少しフットケアが認知されました
    もっともっと、世間に認知され、フットケアが広まればいいと思います。

    長々、すいません

    ペディ・ナース 大崎 昌美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*