【Book Selection】今月のテーマ ロングセラー! オススメ書籍

当社書籍の中から、新刊・既刊・古典にかかわらず、テーマにあったものをご紹介。

 

当社の売り上げ好調書籍です。
あなたが気になる本はありますか?

 

 

看護師のための文章ノート

 

著者:井部俊子
●B5/58ページ
●定価:(本体1,100円+税)
2018年4月発行
ISBN 978-4-8180-2108-2

 

読んでもらえる

“仕事の文書”が書ける! 

 

本書は「より読んでもらえる仕事の文書(論文、各種報告書、レポート、依頼文書など)」を書くための作文技術をコンパクトに解説した良書です。段落の構造から“てにをは”の使い方、読点の打ち方までを、具体的な修正(添削)例を用いてわかりやすく示しており、実際に文章を書く際の思考の整理におおいに役立ちます。添付のワークシートを使うことで、自分の文章の傾向がつかめます。

 

★ご購入はこちらから

 


目標管理の実践・評価ワークブック  第2版
「あるべき姿」を実現する成果目標・指標のつくり方

 

著者:原玲子
●B5/192ページ
●定価:(本体2,400円+税)
2018年12月発行
ISBN 978-4-8180-2139-6

 

「目標管理の基本的な進め方」が
練習問題でよくわかります!

 

本書は、看護管理者として、「部署目標の立て方(SWOT分析・目標設定・アクションプランのつくり方)」から「スタッフの目標設定と動機づけの支援」「目標の評価の仕方」までを習得していくためのワークブックとしてご活用いただけます。
愛読者の方からは、「目標管理の実践に活かせる具体的なヒントや図表が示されており、わかりやすい」という声が寄せられています。5位に表示されている本の続編です。

 

さらに詳しいご紹介記事はこちら

 

★ご購入はこちらから

 


急性期病院で実現した身体抑制のない看護

金沢大学附属病院で続く挑戦 

 

編集:小藤幹恵
●B5/200ページ
●定価:(本体2,800円+税)
2018年6月発行
ISBN 978-4-8180-2121-1

 

身体抑制ゼロは看護の願いです!

 

「抑制=患者の安全」という思い込みによって患者を抑制した結果、身体状況の悪化、感情の暴発、不穏などを招き、かえってケアの困難さが増すケースも多くあります。患者を抑制することで、本当は必要な看護師の手、目、心が患者から遠ざかることにもなりかねません。本書は、急性期病院では難しいとされてきた身体抑制の減少に挑戦し、ゼロ化を達成した金沢大学附属病院の取り組みと成果を紹介します。

 

さらに詳しいご紹介記事はこちら

 

★ご購入はこちらから

 


看護職としての社会人基礎力の育て方 第2版
専門性の発揮を支える3つの能力・12の能力要素

 

編集:箕浦とき子・高橋恵
●B5/342ページ
●定価:(本体3,000円+税)
2018年6月発行
ISBN 978-4-8180-2124-2

 

さらに詳しいご紹介記事はこちら

 

★ご購入はこちらから

 

 

 

 


看護師長・主任のための

成果のみえる病棟目標の立て方 第2版
現状分析からスタッフの計画立案支援まで 

 

著者:原玲子
●B5/232ページ
●定価:(本体2,500円+税)
2016年11月発行
ISBN 978-4-8180-1997-3

 

さらに詳しいご紹介記事はこちら

 

 

 

 


これまでの編集部オススメBOOKsはこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください