『グラウンデッド・セオリー・アプローチ ─ 分析ワークブック 第2版』刊行

150INR誌の連載を書籍化した『グラウンデッド・セオリー・アプローチ 実践ワークブック』(戈木クレイグヒル滋子 編)の第2版が『グラウンデッド・セオリー・アプローチ ─ 分析ワークブック』(同 編)として刊行されました。

 

この改訂版では、戈木クレイグヒル滋子先生の執筆チームが初版の内容を全面的に見直し、データ分析に特化したワークブックである本書の特徴にさらに磨きをかけました。また、観察法を用いて収集したデータを分析する章も加わり、本編・別冊とも大幅に増量しています。

 

初版では、連載時に開始した連動ブログを通じて読者からの質問やコメントに執筆チームが回答する場を設けました。現在、新たなご質問などへの回答は休止していますが、これまでに蓄積した50件近いエントリーは、GTAを学ぶための貴重なリソースとなっていますので、ぜひ本書と合わせてお役立てください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*