看護職の10年蓄積されたデータを集約。
1冊あると便利な『平成25年 看護関係統計資料集』
が発刊!

平成25年看護関係統計資料集

平成25年 看護関係統計資料集

 

毎年春刊行の
『看護関係統計資料集』。
最近10年間の看護職員の就業状況と
養成状況を中心に、看護に関する
統計数値を網羅し、
看護教育・研究・管理者には
欠かせない情報が満載です。

 

 

 

 
■看護データがまとまった1冊

 

ちょっと看護職の総就業者数などを調べてみようと思ったとき、厚生労働省のホームページなどを見てみると、病院報告や医療施設調査など、さまざまなデータが用意されています。でも、これらのデータは別々に用意されているので、まとめて見るには工夫が必要です。

 

そこで、活用してほしいのが『看護関係統計資料集』。1979年から毎年発行しており、看護職にかかわる最近10年間の統計データが一覧でわかるので、とても便利です。

 

看護職の総就業者数・就業先はもちろん、大学など学校養成所の数、定員・受験者・合格者・入学者・卒業者などの人数も、都道府県別や国立・医師会立などの設置主体別に掲載しています。入学者の年齢や学歴も数値化され、卒業者がどのような施設に就職したか、それも県内か県外かまで知ることができるのです。こういう情報は集めにくいですよね? だから、とても役に立ちます。

 

 

■信頼できる数値

 

本書に掲載しているこれらのデータは、厚生労働省が毎年公表している数値をまとめ、整理したものなので信頼性十分です。看護職に絞った、詳しいデータをまとめているのは本書だけ。

ぜひ、お手元に1冊お持ちください。

 

 

平成25年 看護関係統計資料集

 

-「看護」2014年3月号「SPECIAL BOOK GUIDE」より –


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*