宮子あずさの気まぐれコラム❸

精神科病院の訪問看護室で働きながら、文筆活動を行う宮子あずささん。最近気になること、疑問に思うことなどを書きつづります

❸似て非なる者こそしゃくに障る

 

 

子どものいない人生

ある時期、訪問看護にうかがっていた利用者さんから軽い拒否を受けました。

 

私が勤める訪問看護室は、利用者ごとに訪問するスタッフを固定していません。いろいろな人と話すのが人間関係のトレーニングになりますし、関係が濃くなって妄想に取り込まれずに済むメリットがあります。

 

その日私は、ある女性の家を訪れ、30分ほどお話をうかがいました。女性は夫と2人暮らし。前情報では、テンションが若干高く、訪問に同席する夫を攻撃するとのこと。夫妻には子どもがいないのですが、それを夫のせいだと怒るのだそうです。以前一度訪問したときはややうつ的で、そこまでの元気はありませんでした。

 

私が訪問すると、女性は明らかにがっかりした表情をしました。「あぁ、宮子さんって、あなたね」。事前電話で名乗ったときには思い出せなかったのでしょう。

 

→続きは本誌で(コミュニティケア2021年3月号)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください