ナーシング・トゥデイ4月号特集 誌上コンサルテーションシリーズ⑦ 見逃さない! 高齢者の急変

 

NT1404表紙4月号の特集テーマは「見逃さない! 高齢者の急変」です。

 

高齢者は病歴がわかりにくかったり、訴えがあいまいだったりして急変が見逃されることもあります。高齢者の急変を予測・発見し、対応するには、高齢者の身体的・生理的特徴の理解が欠かせません。特集では、高齢者の急変の特徴、高齢者に起こりやすい誤嚥や転倒・骨折、発熱、嘔吐などの急変とその対応をご紹介します。後半では「病歴聴取から急変を判断したケース」「施設で救急搬送を判断したケース」など5つの誌上コンサルテーションを掲載いたします。

 

 

監修:道又元裕

(杏林大学医学部付属病院看護部長)

 

高齢者における急変の特徴

西塔依久美

(武蔵野赤十字病院/救急看護認定看護師)

 

高齢者に起こりやすい急変とその対応

 

①意識障害

佐野成美(聖路加国際病院/救急看護認定看護師)

 

②胸痛

福士博之(JA北海道厚生連帯広厚生病院/救急看護認定看護師)

 

③窒息

上條恵子(帝京大学医学部附属病院/救急看護認定看護師)

 

④誤嚥

古沢身佳子(東京慈恵会医科大学附属第三病院/救急看護認定看護師)

 

⑤発熱

平山幸枝(帝京大学医学部附属病院/救急看護認定看護師)

 

⑥嘔吐

髙西弘美(高槻病院/救急看護認定看護師)

 

⑦転倒・骨折(高槻病院/救急看護認定看護師)

山﨑祐嗣

 

⑧腹痛(浜松医療センター/救急看護認定看護師)

笠原真弓

 

⑨麻痺(国立病院機構災害医療センター/救急看護認定看護師)

下河辺政子

 

高齢者と救急にまつわる問題点
後藤順一(河北総合病院/急性・重症患者看護専門看護師)

 

 

困難事例の誌上コンサルテーション

 

1 訴えがあいまいなケース①なんとなく元気がない

伊藤大輔

(姫路聖マリア病院/認知症看護認定看護師)

 

2  訴えがあいまいなケース②熱っぽい気がする

伊藤大輔

(姫路聖マリア病院/認知症看護認定看護師)

 

3 認知症患者が急変したケース

髙原 昭

(北播磨総合医療センター/認知症看護認定看護師)

 

4 病歴聴取から急変を判断したケース

紺原由美子

(市立岸和田市民病院/救急看護認定看護師)

 

5 施設で救急搬送を判断したケース

小笠原美奈

(秋田赤十字病院/救急看護認定看護師、急性・重症患者看護専門看護師)

 

NT4月号のその他の内容はこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください