SPECIAL BOOK GUDE ナイチンゲール生誕200年記念出版:ナイチンゲールの多面性・多様性と人間的魅力を再発見!

1820年5月12日、イタリアのフィレンツェで生まれたフローレンス・ナイチンゲールは、2020年に200歳の誕生日を迎えました。弊社ではこれを記念し、ナイチンゲール自身の著作および彼女にまつわる関連書籍のシリーズを刊行しています。「クリミアの天使」という一般的なイメージを越境したナイチンゲールの多面性・多様性と人間的魅力を、本シリーズを通して感じていただければ幸いです。

 

 

 

 

[ナイチンゲールの越境]01・建築
ナイチンゲール病棟はなぜ日本で流行らなかったのか

 

長澤泰、西村かおる、芳賀佐和子、辻野純徳、尹世遠 著
●四六 148ページ

●ISBN 978-4-8180-2279-9
●定価1,760円(本体1,600円+税10%)

 

病院が備えるべき第一条件は病院建築が患者に害を与えないこと──ナイチンゲールが理想とした病院建築はどのようなものか、歴史研究の第一人者である建築家と看護師が追いました!

 

★ご購入はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

[ナイチンゲールの越境]02・感染症
ナイチンゲールはなぜ「換気」にこだわったのか

 

岩田健太郎、徳永哲、平尾真智子、丸山健夫、今岡浩一、

岩田恵里子、百島祐貴 著
●四六 104ページ

●ISBN 978-4-8180-2309-3
●定価1,430円(本体1,300円+税10%)

 

ナイチンゲールは多くの著書の中で「新鮮な空気」がいかに健康保持に大切かを繰り返し伝えています。コロナ禍の今、「換気」と「感染症」に関する彼女の先見の明に驚くばかりです。

 

★詳しい内容のご紹介はこちら

 

★ご購入はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 


 

フロレンス・ナイティンゲール看護覚え書き(新装版)
本当の看護とそうでない看護

 

フロレンス・ナイティンゲール 著
小玉香津子・尾田葉子 訳
●A5 180ページ
●ISBN 978-4-8180-2214-0
●定価1,650円

(本体1,500円+税10%)

 

ナイチンゲールの代表的著作であり、その完全性を著者自身が明言した“Notes on Nursing”初版本(1859年)の全訳。著者生誕200年を記念して表紙デザインをリニューアル!

 

 

 

★詳しい内容のご紹介はこちら

 

★ご購入はこちらから

 

 

ミュリエル・スキート 看護覚え書き
看護学と看護術

 

ミュリエル・スキート 著
小玉香津子 訳
●A5 160ページ
●ISBN 978-4-8180-2257-7
●定価1,980円

(本体1,800円+税10%)

 

世界保健機関(WHO)のコンサルタントが、ナイチンゲールと同じタイトル・章立てで書いた、1980年版『看護覚え書き』。

 

 

 

★詳しい内容のご紹介はこちら

 

★ご購入はこちらから

  


 

ナイチンゲールとセント・トーマス病院

 

福田邦三 校閲・訳、

永坂三夫・久永小千世 訳
●新書 312ページ

●ISBN 978-4-8180-2259-1
●定価2,970円

(本体2,700円+税10%)

 

ナイチンゲールはなぜ、セント・トーマス病院を選んだのか? 看護教育制度の確立という自らの夢をかけたナイチンゲールの熱い想いと強い覚悟に迫ります。

 

 

 

 

 

★詳しい内容のご紹介はこちら

 

★ご購入はこちらから

 


 

ナイチンゲールと医師たち
新装復刻版

 

ザカリイ・コープ 著、

小池明子・田村真 訳
●新書 340ページ

●ISBN 978-4-8180-2261-4
●定価3,300円

(本体3,000円+税10%)

 

長く秘蔵された医師たちとの交換書簡を中心に、ナイチンゲールが改革のために発揮した交渉力の真髄に迫ります。彼女の知られざる一面を浮き彫りにする資料としても貴重です。

 

 

 

 

 

★ご購入はこちらから

 


 

ナイチンゲールと「三重の関心」
病をいやす看護、健康をまもる看護

 

フローレンス・ナイチンゲール 著、

早野ZITO真佐子 訳
●新書 160ページ

●ISBN 978-4-8180-2307-9
●定価2,200円

(本体2,000円+税10%)

 

「人間」を捉える科学的な目と、高い理念が求められる看護の使命。「知」「技」「心」からなるナイチンゲール思想の原点、“三重の関心”から普遍的な看護のあり方を問います。

 

 

 

 

 

★ご購入はこちらから

 


 

カサンドラ
ヴィクトリア朝の理想的女性像への反逆

 

フローレンス・ナイチンゲール 著、

木村正子 訳
●新書 192ページ

●ISBN 978-4-8180-2308-6
●定価2,420円

(本体2,200円+税10%)

 

「クリミアの天使」になる以前のナイチンゲールが、当時の上流・中産階級の女性の苦悩を吐露し、女性の視点から社会慣習を痛烈に批判した、現代のフェミニズムにも通じる小品です。

 

 

 

 

 

★ご購入はこちらから

 


 

■今後の刊行予定

 

病院覚え書き 2021年夏〜秋刊行予定

 

 

[ナイチンゲールの越境]シリーズ

 

ナイチンゲールはフェミニストなのか(仮) 2021年春刊行予定

 

ナイチンゲールの生きた時代(仮) 2021年夏刊行予定

 

神の僕となり、行動する~ナイチンゲールと信仰(仮) 2021年夏~秋刊行予定

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください