【編集部オススメBOOKs】vol.44 ナースの“働き方改革”に 役立ちます!

 

いよいよ本格的に始まった「働き方改革」。
皆さんの組織では、どんな取り組みがなされているでしょうか?
今月は、労働環境の向上に直結する「人事・労務管理の知識」に

ついてわかりやすくまとめた2冊と、

働くうえでの「意識改革のヒント」を提示する2冊をご紹介します!

 

※これまでの「編集部オススメBOOKs」はコチラ

 

著者:竹中君夫
●A5/184ページ
●定価(本体2,000円+税)
2018年発行
ISBN 978-4-8180-2125-9

 

現役の人事担当者が紹介する
「経営戦略としてのWLB」

 

月刊「看護」の人気連載をベースに、大幅に加筆して再構成した本書。24時間体制かつ女性中心という、他職種にはない難しい課題を抱えた「ナースのワーク・ライフ・バランス」のために、現役の人事担当者が導き出した現実的で効果的な「人事管理の成功メソッド」をご紹介します。やさしい語り口と具体的な資料によって、超実戦型の取り組みをわかりやすく提示しており、ナースの「働き方改革」に取り組むすべての方におすすめしたい1冊です。

 

 


『訪問看護ステーションの
 労務管理』

 

著者:加藤明子
●A5/180ページ
●定価(本体2,200円+税)
2019年発行
ISBN 978-4-8180-2191-4

 

職員がいきいきと働く
魅力的な職場づくりの強い味方!

 

「労務管理って何から手をつけたらいいの?」「法律って堅苦しいイメージがあって苦手……」そんな方のために、労務管理の基本的な考え方と手続きをわかりやすく解説しました。いつ何をすべきかを整理したチェックリストを収載したほか、難解な法令はやさしい言葉で表現しました。職員のモチベーションを上げるアイデアも満載。労務管理の基本を網羅しているので、訪問看護ステーションのみならず、病院や高齢者ケア施設などでも活用できます!

 

 


『医療者のための
 共育コーチング
 心を動かし チームを動かす』

 

著者:奥山美奈
●B5/184ページ
●定価(本体2,200円+税)
2019年発行
ISBN 978-4-8180-2174-7

多様な価値観や背景を尊重しつつ
ハイパフォーマンスなチームへと
「共に育つ」!

 

看護師、高校教員を経て、教育コンサルタントとして全国の医療施設や看護協会、看護学校などで活躍中の著者が、よりよい職場づくりのテクニックを惜しみなく披露! 実際のコーチングシーンや医療現場での活用例もふんだんに盛り込みながら、具体的にわかりやすく解説します。ストレスやハラスメントに負けない心を育み、互いの多様な価値観や背景を尊重し合いながらハイパフォーマンスなチームへと「共に育つ」ために、今日から使えるヒントが満載の1冊です。

 

さらに詳しいご紹介記事はこちら

 


『3つの習慣で私が変わる
「慈悲喜捨」「健全思考」
「レジリエンス」』

 

著者:保坂隆・川畑のぶこ・大下大圓
●A5/176ページ
●定価(本体1,600円+税)

2018年発行
ISBN 978-4-8180-2102-0

 

新しい考え方を手に入れて
毎日を楽しもう!

 

ストレス社会をしなやかに生き抜くワザを、脳科学研究や心理療法のスキル、仏教の教えなどに基づき、精神科医・心理療法家・僧侶がご紹介します。今日からできるセルフケア(思考の切り替えや簡単なレッスン)のキーワードが、慈悲喜捨・健全思考・レジリエンスです。これまでとらわれていた考え方から新たな思考への転換を図ることで、対人援助職として燃えつきることなく、いきいきと働き続ける道筋が見えてきます。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください