「”地域耐性”と助け合い」

文と写真:杉江美子

(INR日本版 2012年夏号, p.103に掲載)

 

cntower

トロントのシンボルの一つ「CNタワー」の高さは553.33メートルで、世界で5番目に高い自立式建築物。

 

昨年3月の東日本大震災は筆舌に尽くしがたい出来事で、遠くカナダに住んでいてもニュースとともに矢継ぎ早に入ってくる映像は非常に強烈でした。

 

カナダの多くの友人・知人、職場の同僚が私に、日本の家族・親戚・知り合いは大丈夫か、日本は大丈夫か、何か手伝えることはないかと、幾度となく尋ねてくれました。時には知らない人まで、私が日本人であるとわかると、お悔やみと励ましの言葉をかけてくれました。私を通して日本に向けた言葉だと思います。

 

遠くからニュースや第三者を通じて知り得たことなど取るに足らないのでしょうが、それでも私は改めて「日本人」であることを痛感し、この出来事を通じて日本の「地域耐性」(Community Re­sil­ience)と「助け合い」の精神に驚嘆しました。

 

日本にいれば当たり前のことが、海外からは非常に新鮮に映り、私は単に日本人であるというだけで、そのことを誇らしく思いました。

 

続きを読む…

「生と死と。”魂のいる場所”」

文と写真・山中 郁

(INR日本版 2012年夏号, p.104に掲載)

 

sarusuberi

山間で津波の難を逃れた普門寺を訪れると、県の天然記念物の百日紅が悠然と出迎えてくれました。

2012年3月11日。世界を震撼させた東日本を襲った大震災から、ちょうど1年が経ちました。私はこの日、宮城県気仙沼市総合体育館(通称“ケーウェーブ”)の合同慰霊祭に参加するため、気仙沼市にいました。

 

慰霊祭の代表者の方々の中に、震災当時高校2年生だった被災者の女性がいました。彼女は津波で7人の家族を失ったと話し、その一人ひとりに心のこもったお別れの言葉を読み上げたのですが、おじいさん、おばあさんに続いて、それぞれ中学生、小学生、就学前だった幼い妹たち、そしてお父さんへの手紙と続きました。

 

メッセージを聞きながら、家族7人の最後の一人が、そうであってほしくないと思いましたが、やはりお母さんへの言葉だとわかった時は、言葉がありませんでした。大家族でにぎやかな毎日を過ごしていたであろう普通の17歳の少女が、一晩で最も近い家族を全て失ってしまったのです。
 
続きを読む…

「ものづくりから、 ひとづくりへ」

文と写真:錢 淑君

(INR日本版 2012年夏号, p.105に掲載)

 

chen

左から2人目が松元先生で、その右が金田先生。

海外へ留学したいと、高2の時から夢を見ていたのですが、実際に東京にきて日本語学校に入ったのは1983年の4月でした。

 

1983〜1984年は中曽根首相の時代であり、対外貿易は大黒字で経済成長が進んでいたおかげで、アルバイトが見つかりやすく、奨学金の申請も現在より厳しい状況ではありませんでした。母親が国立がんセンター(当時)にお世話になったことがあり、日本で看護を勉強するとよいとの勧めもあったので、1年後、千葉大学の看護学部へ進むことに決めました。

 

今でもはっきり覚えているは、入学の面接担当教授が見藤隆子学部長、解剖生理学の石川稔生教授、そして小児看護学の吉武香代子教授でした。入試を受けるまで1年間ぐらいしか日本語を学習していなかったので、質問がうまく理解できていない私の表情を見て、アメリカ留学経験のある吉武教授がわかりやすい日本語でもう一度聞いてくださいました。

 
続きを読む…

「ただ待つばかりの人たちではないのだ」

文:吉野淑代

(INR日本版 2012年春号, p.108に掲載)

 

shin

看護教育4年制一元化を実現したシン・キョンリム前大韓看護協会長(2011年10月にソウルで開かれた日中韓看護学会にて)

 

1996年5月、日本での看護師生活にピリオドを打ち、韓国へ来て15年の歳月が過ぎました。

 

こちらの生活の中でいろいろな出来事がありましたが、とくに猛勉強の末に韓国の看護師免許を取り、韓国の病院で働き始めたことは自分にとって大きな第一歩でした。今は看護師の資格に加え、韓国内で医療通訳士、病院コーディネーターなどの資格を活かしながら、産婦人科病棟の看護師として勤務しています。

 

日々の暮らしの中で、この国の文化や習慣、言葉などに数多く出会い、さまざまな面で日韓両国の違いを感じてきました。

 

看護師としては臨床面の他、政策や制度についても大きな違いを知りましたが、なかでも2011年4月に、看護教育4年制一元化のための高等教育法改正案が国会本会議で通過したことは、韓国看護界の歴史的な大事件でした。この2012年からは、看護専門大学(3年制)33校が、順次3年制から4年制の大学に移行していく予定です。

 

続きを読む…

「オールドタウンで想う、これからの日本」

文と写真:木下澄代

(INR日本版 2012年春号, p.109に掲載)

 

windmill

勤務先の高次性機能障害者リハビリセンターへ通う際に横切る農地にも、風力発電用の風車がある。

 

デンマークではコペンハーゲンに次ぐ第2番目に大きな町、オーフス市にあるDen gamel by(英語ではOld town)に友人と出かけました。

 

ここには国内各地の歴史的に重要な建物が移築され、保存・公開されています。建物は同時代の生活を紹介する生きた博物館でもあり、季節ごとに建物内の展示内容が変わります。例えばクリスマスには市長の住んでいた建物が当時の様相を再現します。リビングルームに飾られるクリスマスツリーは天井まで届く高さがあり、毎年変化する装飾を見ることが市民の伝統にもなっています。

 

12月の日は短く、午後3時を過ぎるともう夕闇が降り始めて薄暗くなります。それぞれの建物ごとに異なる展示をすべて見る時間はありません。常設展示は差し置いて、この時期の特別展示を選んで周ることにしました。

 

続きを読む…