遅ればせながら、コミュニティケア5月号のお知らせです♪♪

6月号が発売して4日が経過……という遅ればせながらなタイミングですが、コミュニティケア5月号のお知らせです☆

 

特集は「新開発の“シート”でできる!高齢者ケア施設での転倒予防」。

コミュニティケアの編集委員でもある特定非営利活動法人メイアイヘルプユー事務局長・

鳥海房枝さんと、代表理事・新津ふみ子さんが中心となって開発した、転倒の高リスク者を事前に絞りこむための「アセスメントシート」、事故発生後に活用する「要因分析シート」の内容・使い方を詳説し、この2つのシートを使って取り組む転倒予防の方法を大特集しています!!

 

発売から1カ月たち、編集部には続々とうれしいご感想のお便りをいただいています。

 

「特集の“高齢者ケア施設での転倒予防”を一気に読みました。
どうにもならない、あきらめ感が吹っ飛ぶものでした。
従来の対策、転倒要因の曖昧さをあらためて実感。
いかに対策がまずく、アセスメントができていないか、アセスメントの1つひとつが目からうろこ。
具体的で誰にも使え、転倒予防への認識が深まります。
どちらのシートも、すぐ使ってみたい、今後に生かすことができる、これが知りたかったこと!と少々興奮しています」

 

この2つのシートを使ってアセスメントや要因分析を行うことで、「転倒」は必ず減少します!あなたの施設でも、取り組んでみませんか?

 

詳細はコチラのページをご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください