『DVDBOOK 臨床での家族支援1・2』書籍情報

『DVDBOOK 臨床での家族支援1 ベッドサイドでの関係づくり』

※本書の使い方(サンプル映像あり)は こちら

 

「ベッドサイドで気になる患者・家族がいても、いざとなるとどう声をかけたらいいのか、戸惑うことはありませんか? なぜ、何に戸惑ってしまうでしょうか?」

 

臨床での家族支援、まずは、ベッドサイドでこんなことから始めてみませんか?

 

①あいさつをし、自己紹介をする

②気にかけていることを示す

③共感を示す

④日常生活援助を取り入れる

 

 

〈目次〉

第1章 ベッドサイドでの関係づくり

 

第2章 DVD解説

1 このDVDを使った学習の進め方

2 DVD解説

 

事例紹介

【失敗編】場面1:気まずくなってしまう看護師

場面2:励まそうとする看護師

【成功編】場面3:夫婦の気持ちに共感する看護師

場面4:日常生活援助を取り入れる看護師

 

3 学習のまとめ ベッドサイドでの家族支援のポイント

 

第3章   実践に必要な「家族看護の基礎知識」

1 家族看護とは何か

2 家族看護実践センター式アセスメントモデル・援助モデル」とは?

 

監修・執筆:家族看護実践センター

発行:日本看護協会出版会

ISBN978-4-8180-1617-0

定価(本体2,400円+税)

 

***

 

『DVDBOOK 臨床での家族支援2 個人面接での関係づくり』

※本書の使い方は こちら


「家族への面接や相談で、精一杯説明したのにわかってもらえなかったことはありませんか? なぜわかってもらえないのでしょうか?」

 

臨床での家族支援、まずは、こんなことを意識して面接をしてみませんか?

 

 

①あいさつをする

②面接の目的を伝える

③家族のニーズを把握する

④家族の思いを受け止める

 

 

〈目次〉

第1章 個人面接での関係づくり

 

第2章 DVD解説

1 このDVDを使った学習の進め方

2 DVD解説

 

事例紹介

【失敗編】場面1:説得する看護師

【成功編】場面2:妻の思いを聴く看護師

 

3 学習のまとめ 個人面接での家族支援のポイント

 

第4章   実践に必要な「家族看護の基礎知識」

1 家族看護とは何か

2 「家族看護実践センター式アセスメントモデル・援助モデル」とは?

 

監修・執筆:家族看護実践センター

発行:日本看護協会出版会

ISBN978-4-8180-1618-7

定価(本体2,600円+税)

 

***

〇編著者紹介

 

家族看護実践センター

1993年に始めた「傾聴学習会」を経て、2001年に家族看護を専門とする看護師と心理の専門家たちで立ち上げた会です。「家族看護を身につけるにはアセスメントとトレーニングが大切」との考えから、「家族もケアの対象とした実践ができること」を目標に事例検討・ビデオセッション・ロールプレイなどを用いた教育・研究・実践活動を行っています。「傾聴学習会」以来、臨床ナースたちとの学習会を続けてきた蓄積の中から「家族看護実践センター式アセスメント・援助モデル(仮説的援助モデル)」を開発しています。

 

同センターのホームページでは、研修案内、講師派遣などの情報を提供しています!

 

ホームページアドレス:http://kazokukango.comet.vc/

メールアドレス:kazokukango@gmail.com

 

 

 

 

 


ご購入は こちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*