特集:ナイチンゲールの越境  ──[ジェンダー]

「シャンシャンは見ても可愛いのですが、読んでも可愛いのです。日本パンダ保護協会名誉会長の黒柳徹子さんが監修した各界のパンダラバーによるパンダエッセイ。歴代のパンダ飼育係によるエッセイ、さらには現在の飼育係との鼎談などパンダ盛りだくさん。シャンシャンの母乳確保のため母のシンシンにタケノコを食べさせていたエピソードなど、知られざるパンダ話がここまで凝縮しているのはすごい。読めばパンダ博士に一歩近づけます

『読むパンダ』黒柳徹子 選・日本ペンクラブ 編

白水社/2018年/1,400円+税

1972年、上野動物園にジャイアントパンダが初来園し、日本は空前のパンダブームに沸いた。2017年のシャンシャン誕生でフィーバー再来の中、パンダLOVEな人たちによる本邦初のパンダ・エッセイ集が誕生した。シャンシャンの中国返還(帰国)が噂されている今だからこそ、読んでおきたい一冊。

BACH のおしごと②

神戸アイセンター・ビジョンパーク(2017年)

目に関する総合的な支援を行う全国初の施設にある「ビションパーク」内のライブラリを担当しました。音声図書や香料印刷の絵本、紙のテクスチャーがユニークな本など、五感に訴えかける本を通して、視覚障害者と健常者が一緒に時間を過ごせる場所を目指しました。

www.bach-inc.com

fb_share
tw_share

教養と看護編集部のページ日本看護協会出版会

© Japanese Nursing Association Publishing Company.

fb_share
tw_share