第2回:意識の志向性と態度

 

 

第1回「現象(意味)」では、物事や人々が何らかの意味を帯びて経験されたり出会われたりすることを、現象学という哲学では「現象」(phenomenon)と呼ぶのだということをお話ししました。例えば、集中治療室(ICU)に備えつけられているさまざまな医療機器が、ICU勤務の看護師にとって「生体情報監視装置」や「人工呼吸器」という意味を帯びて現われ、直接的に経験されること、それが「現象」の一例なのでした。

 

しかし、同じ医療機器が、ICUに運び込まれた患者やその家族には、どのようなものなのか分からず、さまざまな数値をモニターに映し出し、不気味な音を発する機械という意味を帯びて「現象」するかもしれません。したがって、同じ対象が、患者や家族にとってと看護師たちにとってとでは、異なる意味合いで「現象」することがありうるのでした。

 

現象学という哲学は、物事や人々が、人によって、また時と場合によって、そのつど何らかの意味を帯びて経験されたり出会われたりする、このような「現象」に注目するのですが、この哲学は、そうした意味現象ないし意味経験がどのようにして生じてくるのか、またどのように成り立っているのかというその成り立ちを根本的に明らかにしようとします。つまり、現象学の「現象」とは、意味現象ないし意味経験であり、現象学という哲学は、意味現象・意味経験の成り立ちを明らかにしようとする哲学なのです。

 

同じものや同じ人が、人によって、また時と場合によって異なった意味をおびて現象し、経験されるのですから、その対象がさまざまに異なる意味を帯びて現象するその主たる理由は、当の対象の側にあるのではありません。むしろ、対象のいわばこちら側、つまり対象を経験する者の側に、その対象がさまざまな意味を帯びて現象することの主たる根拠が求められます。現象学という哲学は、対象がさまざまな意味を帯びて現象し経験されるその意味現象のいわば手前で、普段は自覚されることなく機能している意識や身体の働き、あるいは私たち人間の根本的な存在の仕方にまで遡って、意味現象・意味経験の成り立ちを明らかにしようとするのです。

 

現象学の創始者、フッサール(Edmund Husserl, 1859-1938)は、物事や人々がそのつど意味を帯びて現象するのは、意識がその対象に向けて志向性(intentionality)を働かせているからだ、と考えました。「志向性」とは、フッサールにおいては、意識に現われる何か(これを意識に与えられる「与件」と言います)を、何らかの意味を帯びた何かとして捉える意識の働きです。何か(与件)が意識に現われることで、その対象に向かう意識の「志向性」が働き出し、この志向性がその対象を何らかの「意味」において捉えるのです。

 

たとえば、ICU勤務の看護師にとって、ICUの医療機器が「人工呼吸器」という意味を帯びて現象し、経験されるのは、フッサールによれば、その看護師の意識にその対象が現れたとき、それに向かう意識の志向性が働き出し、この志向性がその対象を「人工呼吸器」という意味で捉えるからなのです。

 

同じ対象が、ICUに運び込まれた患者やその家族にとっては、どのようなものなのかわからず、さまざまな数値をモニターに映し出し、不気味な音を発する機械という意味を帯びて「現象」するかもしれないとすれば、意識の志向性は、個々人によって、その人がこれまで何を学び、何を経験してきたかによって、異なった働き方をすることは明らかでしょう。

 

ベテランナースと新人ナースとでは、患者の容体や状況の見え方がときに異なるのも、また、看護実習において、実習指導者と看護学生とで患者の容体や状況の見え方・感じ方が異なり、ときとして学生が何を感じ考えているのか指導者に見えなくなってしまうのも、フッサールによれば、各々の意識の志向性の働き方が異なるからなのです。

 

その人が何を学び、何を経験してきたかによって、意識の志向性の働き方が異なってくるというこのことは、意識がとる「態度(attitude)」によって、志向性の働き方が異なるというフッサールの思想とも関係してきます。

 

フッサールは意識がとる「態度」として、いくつかの態度を指摘しますが、看護事例を考えるうえでとりわけ重要なのは「自然的態度」と「自然科学的態度」です。

 

「自然的態度」はごく普通に私たちがとっている、日常生活のベースとなる意識の態度ですが、これに対して「自然科学的態度」は、自然科学を学ぶことによって初めて意識が身につける態度です。

 

たとえば日常の自然的態度では、コーヒーカップやパソコンといった日常生活で用いる便利な「道具」として意識に現われているものが、自然科学的態度を意識がとると、これこれの材質でしかじかの仕組みをもつ「物体」として見えてきて、物理的な因果連関のなかで捉えられるようになりますし、自然的態度では一人の「人」(person)として見えていた患者が、自然科学的態度を意識がとると、生物学的・医学的に捉えられる「人体」として見えてくるといった具合です。

 

ここで注意しなければならないのは、「自然的態度」が私たちの日常生活のベースとなる意識の態度であるにもかかわらず、自然科学を学ぶにつれて、私たちの意識において「自然科学的態度」が習慣化し、自然的態度でのものの見方・感じ方を忘却する傾向が私たちに生じる、とフッサールが指摘していることです(『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』)。

 

私はある看護学校の先生から、指導している学生に関して、最初の実習のころは患者を一人の「人」として見ているのに、看護を学んでいくにつれて診断名で、たとえば「糖尿病の患者さん」としか患者を見なくなっていく学生をときどき見かける、というお話を伺ったことがありますが、これはフッサールにしたがえば、そうした学生の意識において、看護学や医学や生理学、解剖学などの学習を通じて自然科学的態度(医学的なものの見方)が習慣化しつつあり、自然的態度の見方が忘却されかけているということになるでしょう。

 

医療者は患者を、医学的な視点で捉えがちですが、そうすると患者自身がどのように疾患を受けとめ、どのような問題を抱えながら日常生活を営んでいるかが見えにくくなります。こうしたことも、フッサール現象学の「志向性」という観点からすれば、自然的態度と自然科学的態度による意識の志向性の働き方の違いということから説明されるわけです。

 

それでは西村先生、看護事例の提示をお願いいたします。

 

 

page  1   2   3

次へ

教養と看護編集部のページ日本看護協会出版会  Copyright (C) Japanese Nursing Association Publishing Company all right reserved.