私たちが生きる日常には、

言葉では掬いきれないものごとがたくさんあります。

意味に埋め尽くされたこの世界で見失いがちな、大切なもの。

たとえば、ここに私がいてあなたがいる。

そのことの途方のなさを身体ぜんたいで受け止めようとして、

詩人はいつも、何かをじっと待っています。

前 編

お風呂の中でおならをする感じ

身体を面白がってみる

 

中 編

言葉の前に隠れている「不気味」

理由がわからないから泣くんだよ!

私とあなた

 

後 編

言葉の安売り王

なもないのばな

谷川 俊太郎   たにかわ しゅんたろう

 

1931年東京生まれ。詩人。

1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。 1962年「月火水木金土日の歌」で第四回日本レコード大賞作詞賞、 1975年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、 1982年『日々の地図』で第34回読売文学賞、 1993年『世間知ラズ』で第1回萩原朔太郎賞、 2010年『トロムソコラージュ』で第1回鮎川信夫賞など、受賞・著書多数。 詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表。 近年では、詩を釣るiPhoneアプリ『谷川』や、 郵便で詩を送る『ポエメール』など、 詩の可能性を広げる新たな試みにも挑戦している。

谷川俊太郎*com より

西村 ユミ   にしむら ゆみ

 

首都大学東京大学院人間健康科学研究科教授。看護師。

1991年日本赤十字看護大学卒業。神経内科病棟での臨床経験を経て、1997年女子栄養大学大学院栄養学研究科(保健学専攻)修士課程修了。2000年日本赤十字看護大学大学院看護学研究科博士後期課程修了。2006年大阪大学コミュニケーションデザイン・センター臨床部門助教授、2007年同准教授。現象学・身体論を手がかりとしながら看護ケアの意味を探究している。臨床実践の現象学会主宰。著書に『語りかける身体:看護ケアの現象学』(ゆみる出版)、『交流する身体:「ケア」を捉えなおす』(NHKブックス)、『看護実践の語り: 言葉にならない営みを言葉にする』(新曜社)などがある。

〈お知らせ〉

日本質的心理学会第14回大会(2017年9月9日〜9月10日:首都大学東京)にて、

対談:谷川 俊太郎 × 細馬 宏通「からだとことば」が行われます。

詳しくはこちら

教養と看護編集部のページ日本看護協会出版会

Copyright (C) Japanese Nursing Association Publishing Company all right reserved.